スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それぞれの道。





この字面、
昨年見たよって?


はい。
知ってる貴方は、マニアックな麦♪ブロファンです(笑)


そうなんです。
次男くん、長男くんと同じ高校に合格しました!




ああ
良かった(ノ△T)


昨年もそこそこ倍率が高かったんだけど、今年は、今までで最高に高い倍率だったの。

2月
推薦で受検。
例年ならここの高校、推薦なら確実に合格なの。

だのに…
推薦の時から倍率が高かった(ノ△T)

はい。
推薦ダメでした。
(;∇;)/~


同じ中学校から推薦で行った生徒の3分の2が推薦落ち↓↓↓


一般受検となり、
倍率が新聞に発表となりました。

推薦であれだけの倍率と言う事は~…
一般となったらどんだけの倍率になっちゃうんん…?


…と、心配していたら心配していた通りの倍率でした。



次男くん
推薦落ちした時に考えました。
科が、A科、B科、C科と3種類あるうち、次男くんの志望は一番人気のA科。倍率が最高に高い科です。

そこで次男くん、早々に科をA科からC科に変更しました。


なんて言うか、いいか悪いか 未だ将来何になりたいのか、どんな道に進みたいのか特に無い状態らしいので、科の変更については何とも拘りは無いみたいです。


これが、運命の分かれ道だったんです。


同じ中学校で同じA科に推薦で行き、A科推薦落ちし一般でA科再受検した子、一般でA科受検した子。…皆、ダメでした。

この中には、次男くんより高い内申点の子や次男くんと同じ内申点で次男くんよりも高い当日のテストの点数の子も居ました。


第2志望は、皆ほぼ同じ高校に受検に行ってるのだけど、そこは内申点重視の高校。しかも、そちらも今年は、例年以上に倍率が高い。


結局、第2志望もダメとなる生徒が多かったんです。


この、第2志望を市内外れのD校にした子は、D校合格なんです。D校、今年は志望者数が少なく倍率が低めだったんです。


公立高校が無償化になり、受検者数が増え、その年に志望者数が多そうなトコ、少なそうなトコを予想し志望する。


実力も勿論必要だけど、運も…あるのかな…と…感じました…。




とりあえず、
志望高合格です。




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。